安全・自然災害
対策として

地下タンク​

の事なら

​深堀鉄工所へ

地下タンク設置も、一般的にはガソリンスタンド(セルフスタンド)をイメージされる方が多いと思いますが、実は各産業分野の工場にも、導入されております。特に、安全面でも、地下にタンクが埋設されているため、万が一のリスク回避手段としてお問い合わせ、ご相談を多くいただいております。

地下タンク設置ニーズの多様化

地下タンクは、設置形態・設置位置等、昨今多様化してきております。地中深く設置される場合や建築物の近くに設置される場合、浅い地盤内に設置される事が多く、安全面が最重要課題になります。また、地震や、台風等の自然災害にも、配慮が必要です。この点では、地下タンクの設置には「消防法」、「建築基準法」の知識、ノウハウを持った業者でなければ施工ができないため、私たちに安心してお任せいただければと思います。​

地下タンクに対する安全性強化の動き

自然災害対策で、ビルの地下に設置する企業からのニーズも高まってきたため、地方自治体、行政機関から、安全性についての指導されている地域もでてきております。また、老朽化したタンクが不具合を起こし、火災につながった事例も全国で見られる状況です。

1

深堀鉄工所 安全への取り組み

タンクはステンレス、周りは強化プラスチック(FRP)で覆われた2重構造で、耐震性に優れた安全な設計です。
  1. 施工前の目視検査・・・工場出荷後、輸送中に最新の注意を払いながら、現地にて、細かな目視検査を行います。
  2. 機器検査・・・・・・・設置場所の消防と周辺機器の検査、確認を行います。
  3. ピンホール検査・・・・ステンレスタンクと、FRPの間に、万が一、傷や小さな穴があった際は、補修を行います。
  4. 圧力検査・・・・・・・工場出荷時の圧力検査はもとより、設置した状態での圧力変動がないことを確認します。

地下タンクの事なら設計施工まで一貫施工

ガソリンスタンドのセルフ化(セルフスタンドへの設置)、運送会社やバス会社の給油所、漁港向けの船舶給油所、ヘリポート、鉄道用給油施設など、幅広い施設建設、ニーズに対応しております。一度埋めてから、追加工事が難しい工事ですので、気になる点がございましたらどんなことでもご質問ください。
災害対策として「BCP対策」にも配慮した施設構築にも対応しています。
また、工事・施工についても、給油車両や給油施設周辺の環境などを勘案した適正なレイアウトの設計から、関係官庁への申請代行業務、施工に至るまでをワンセットでお引受けいたします。